スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河クルーズに乗る

今日も氷河を見てきました~☆
毎週のように氷河を見に行っている近頃のわたし。
そんなわたしはもはや氷河オタク!???
今日はウィッティア、というアンカレジから車で1時間少しのところにある小さな町から出ているクルーズに乗りました。

さて、このウィッティアは人口300人の小さい小さい港町。
これまた小さな片道通行のトンネルを通らないとたどり着けません。
(町に向かう車がトンネルを通る時間、町から出る車が通る時間、と時間帯によって分けています。なのでいつでも好きなときに通れるわけではないんです!)

ウィッティアの街に行くトンネル

↑これがトンネルの入り口☆

観光業と漁業で成り立っている小さなこの町は冬にはほとんどの人がアンカレジに移り住んでしまうそうです。
もともとは、第二次世界大戦にアメリカ軍がここに軍の拠点となる港を作ったのが始まりでした。

ウィッティアの街

あの大きな建物はマンションです。
ウィッティアに住む人は全員あのマンションに住んでいるそうです。
マンション一つ
町一つ
マンション=町 みたいなものですね。

クルーズの船

この船に乗り込みます♪

穏やかな海

これは湖ではありません!海です!!
穏やかで波が全くありません。
なぜか、というと、フィヨルドと呼ばれるそれは深い深い入り組んだ入り江の中にある海だからです。

流氷

2時間近く船を走らせて行くと、流氷が。氷河まで近づいてきました☆
船に流氷がぶつかる音が聞こえる中、船は氷河に向かって進んで行きます。
(思わず叫んでしまうこの言葉。"Jack!!! come back!!!!" はい。タイタニックです。)

氷河

ゴゴゴゴ~ジャス!!!!
流氷が溶けるときのパチパチという音を聞きながら、(氷河の中に閉じ込められた空気が溶けるときに破裂する音)
氷河を眺めます。
5~10分の間に一度は”ざざざ~”と氷河が崩れ落ちます。

ラッコです

スワードで乗ったホエールクルーズほどではないですが、海の生き物も見られます♪
今日見たのは、

ラッコ
アザラシ
くじら

写真はラッコの毛皮です。
かつてロシア人がアラスカの野生ラッコを毛皮の為に取り尽くしてしまって数が激減した、という話しを聞いたことがありますが、それを納得してしまうほどやわらかくて温かそうなすばらしい毛皮でした。


さて、ここで氷河クイズ~♪
チャレンジしてあなたも氷河博士に!

Q 氷河は何から出来ていますか?
A 雪です。雪がたくさん積もって、夏に溶けきれずに冬にまた積もる。これを繰り返していくと上の雪の重みで下の雪が圧迫されていく。こうして雪が氷になり、氷河ができます。

Q 氷河は動きますか?
A はい。動きます。上からの圧力で下の氷が溶けることでゆっくり動いています。けれど、地球温暖化の影響で氷河は年々溶けているので、今は後退のスピードの方が早いです。

Q なんで氷河は青色に見えるの?
A 太陽光の中で青色だけ吸収せず反射するので、わたしたちの目には青く見えます。

Q アラスカに氷河はどれくらいあるの?
A 10万個あります。 ここ、チュギアッチ・ナショナル・フォレストの中だけで1万個あります。
スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

akoakopug

Author:akoakopug
20代女性です!2008年8月~翌年5月にかけてアメリカアラスカ州アンカレジにて生活します☆色々感じたこと、思ったことをつれづれなるままに記していけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。