スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の大きさをブロッコリーから

こちらのアメリカの食事は、日本食に比べて野菜が少なくて、
”や、や、野菜をくれ~~~~!!!!”
といった野菜飢餓状態になる、という話しは以前にもブログに書いたことがありますが、

そんなわたしが野菜不足対策に考えたのはブロッコリー作戦だった。
とはいったって大した作戦ではなく、ブロッコリーをまとめて茹でておき、ランチや夕食に少し彩りを加える、というもの。これなら簡単だし、野菜も摂れるし一石二鳥。野菜料理を毎度毎度夕食のたびにわたしが作って一品加えたらホストにも悪い気がするけれど、茹でたブロッコリーを自分のお皿にちょっと足すぐらいだったら嫌味にもならない。

実をいうと、もちろん嫌いじゃないけれど、そんなにブロッコリーが大好き☆というわけではない。ただホストに色々な種類の野菜を買ってほしいとお願いするのは悪いし、ブロッコリーが楽だから選んだだけだったりする。

が、しかし。
当然のことながら、わたしのホストファミリーはわたしが大のブロッコリー好きだと信じ込んでいる。
(そりゃそうですよね~。しょっちゅうブロッコリー食べてるんですもの。でもそれぐらいアメリカ人の食卓は野菜が少ないんですよ。例えば、”ステーキ、ポテト、コーン、パン”といった具合。肉と炭水化物だけじゃん!!!と思ってしまい、そんなときにはブロッコリーをついつい足してしまうのです。)

そんなある日に冷蔵庫を開けたわたしが目にしたものは!!!!!
10房のブロッコリー。。。

10房ですよ?10房!!!!!!
いくらなんでも10房!!!!
それきたことか10房!!!

え~!!!!
こんなにたくさんのブロッコリーわたし見たことない!
という新鮮さと、

食べられるかしら私。。。
という不安と、
(よりによって3日後に家族が日本から遊びに来るので1週間ほどわたしは家を空ける予定になっている)

そんなにたくさん買わなくても。
という文化の違いの驚きと、
(アメリカ人が食料品を買うときの量って半端ない。たとえばバター2キロ分、マヨネーズ2キロ分、といった大量買いって普通)

何よりも、
わたしへの気遣い、
心遣い、
愛の大きさ、深さに感動した。

わたしってば愛されてるな~。

スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

家族全員がブロッコリー好きに違いない!!v-255
皆にプレゼントしようv-25

・・・と買ってあるのかも?v-12

ブロッコリーのキッシュを作るとか何か活用方法が見つかると良いですねv-267

No title

>ANE
ブロッコリー家族~♪

最近の夕食はブロッコリーやアスパラガスなどの野菜が増えてわたしは大喜び☆子どもたちは苦しんでます。

温野菜……

生野菜はぁ……?

欧米人とは体の構造が違のだ;;野菜食べたいよね。
アラスカって、フルーツは充実していないんかな?

No title

>桂くん

アメリカ人は生野菜の方がよく食べるよ。
フルーツももちろんあるし。

ただ、アラスカは野菜はちょっとお高め。
食料品全体的に他の州より高いらしい。
空輸しなきゃいけないから。
プロフィール

akoakopug

Author:akoakopug
20代女性です!2008年8月~翌年5月にかけてアメリカアラスカ州アンカレジにて生活します☆色々感じたこと、思ったことをつれづれなるままに記していけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。